ホーム > むち打ちの症状

むち打ちの症状

以下の症状の方はいませんか?

以下の症状の方はいませんか?

どれかが当てはまるか、または、疑わしいと思われる時には、すぐに病院か救急にご連絡してください。

□頭痛がだんだん強くなるとき
□吐き気や嘔吐を何度も繰り返した時
□ぼんやりしているとき
□ほっておくとすぐ寝てしまい、起こしてもなかなか起きない時
□いびきの大きさが異常だった場合
□視力が悪くなったり、ものが二重に見えたりする時
□痙攣(ひきつけ)が起こると時
□熱がどんどん高くなってきた時

交通事故の症状 肩こり・腰痛・頭痛・めまい

肩こりについて

一般的に、『肩こり』と聞くと、交通事故の症状とはあまり関係がないように感じますが、事故の衝撃で、骨が歪んだり、筋肉にダメージを受けて肩こりが発生することがあります。
このような場合、自賠責保険で治療が可能ですので、お気軽になかしま鍼灸整骨院までご相談ください。

腰痛について

『腰痛』も肩こりと同様、交通事故によって発生する場合があります。
自賠責保険適用が可能ですので、保険会社とのやりとりも当院でさせていただきます。

頭痛について

交通事故で頭を打った場合、その後さまざまな変化が起こります。特に頭がい骨の内側に出血が起こると生命に危険を及ぼすことがありますので注意が必要です。
上記のような頭蓋骨内出血の症状は、症状の発症までの期間が読めません。
頭を打った後すぐに起こること、数日経ってから起こること、また、数か月たってから起こることもあります。
ですから、症状が一切なくても、頭を打った場合は十分に注意しなければなりません。

頭を打った後、元気だった人が急死する事があるのは、このような頭蓋骨内出血が原因です。
この頭蓋骨内出血は、頭蓋骨の骨折とは必ずしも関係していないので、骨に異常がなくても決して安心は出来ません。

まず頭を打ち、なおかつ一度気を失われた方は手遅れにならないうちに、患者さんを病院へ連れて行くことが非常に重要です。

むち打ち症の症状と分類

頚椎捻挫型

首の筋肉や靭帯などが損傷され、首、肩、背中の痛みや運動制限が起きる症状です。

神経根症状型

頚椎から出る神経が圧迫されることにより、首の痛みや頭痛、腕のしびれやだるさ、筋力低下するなどの症状です。

バレ・リュウ症候群型

後部交感神経の損傷や圧迫によって頭にいく血流が低下することで、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、眼の疲労・・・
などが起こる症状です。

後から症状が出てくることもあるので、まずは診断を受けることをおすすめします。

小さいお子さんは特に注意が必要です

小さいお子さんは特に注意が必要です

小さい子供さんは、頭を強く打った時でも、症状が出にくい事が多いです。
ですので、元気に遊び回ろうとしても、1~2日は目を離さない事が大切です。
頭を打ってから最短でも2~3日は安静にさせ、1人で外出させないよう注意して下さい。
また、事故後は体の揺れがよくないので、病院へ運ぶ時は、出来る限り振動の少ない乗り物に乗せ、短時間で運ぶように心がけてください。

アクセス


より大きな地図で なかしま鍼灸整骨院 を表示

お問い合わせ 詳しくはこちら